#tohokuru by 東北スタンダードマーケット

2020/05/15 12:08



4月27日〜5月10日まで開催された #tohokuru でご予約注文をしていただいた皆さま、本当にありがとうございました!

新型コロナウイルスによるお祭り・イベント中止で困っていらっしゃった、1人の作り手さんからの電話を受けたことをきっかけに立ち上がった「#tohokuru」(立ち上げの経緯はこちら)。それから78社の東北の作り手の皆さまにご出品いただけることとなり、本当に嬉しくなった反面、私たち東北スタンダードマーケットチームも初めての試みで、お客さまからご注文をいただけるのか不安な部分もありました。

しかし、見ていただいた皆さまのシェアのおかげで、なんとTwitterでは「#tohokuru」のツイート数が57万件にも上りました。今でも、#tohokuruで検索をしていただくと、たくさんの嬉しいコメントをご覧いただけます。本当に励みになります!

ありがたいことに、ご注文も本当に沢山いただきました。
まずは第一弾のご予約品を、私たちが責任を持ってお届けさせていただきますので、どうぞお楽しみにお待ちくださいませ。

●第一弾(〜5月10日までにご予約)のお客さま
2020年6月5日(金)までに商品をご発送いたします。お住まいの地域によって異なりますが、到着は6月7日〜10日頃になる予定です。発送が完了いたしましたら、ご登録いただいたメールアドレス宛にお知らせさせていただきます。5月15日現在、早速東北の作り手の皆さんから、続々と私たちの元に品々が届いております。今回、78社全てのメーカー様にご予約注文をいただくことができ、本当に嬉しく思います。第一弾のご予約品を無事にお客さまにお届けできる6月中旬頃に、第二弾の開始を予定しております。

− 

これからの #tohokuru について


ここまで沢山のご反響をいただき、私たちはある決断をしました。

このサイトは「東北スタンダードマーケット」から「#tohokuru」にリニューアルします。

前回までは、店舗休業中の「東北スタンダードマーケット 仙台パルコ2店」の商品もこのサイトに掲載しておりました。しかし、そうすることで「予約品」と「通常お届け品」が混ざり、少しわかりづらくしてしまいました。

#tohokuru」は新型コロナウイルスをきっかけとして始まったプロジェクトですし、まだまだ、事態の収束は見えません。夏に控えていたはずの東北の主要なお祭りが中止となり、ものづくり業界へのダメージは深刻です。しかし、この騒動が終わったら #tohokuru は終わるのか?それとも続けるのか?という視点でも、今のタイミングから同時に考えていきたいと思っていました。

そんな中、あるお客さまからのメッセージで、このようなお言葉をいただきました。

「#tohokuru プロジェクトを知るまで、東北のお祭りをあまり調べたことがありませんでした。ですが、弘前の桜祭りや仙台七夕まつりに興味を持ち、ネットで調べたら、いつかコロナウイルスが収束したら実際に東北を訪ねてみたいという気持ちになりました」

このお客さまからのメッセージを拝見して、#tohokuru を続けていくことは、東北の魅力を伝え、将来的には観光のお客さまも増えることにつながるきっかけになるのではと思うようになりました。

そこで、このサイトは「10日間だけ東北の品々のご予約を受けつけ、1ヶ月後にお届けするネットショップ」とコンセプトを新たにして生まれ変わります。リニューアルにあたって、5つの価値提供ができるサイトを目指して参ります。

− 

1.予約してからお届けまで、作り手さんが作る時間を「待つ」楽しみ
「予約終了」から「お客様にお届け」まで、約1ヶ月のお時間をいただきます。これは手仕事のものが多く、制作する期間を十分に設けて、無理なく続けていきたい想いからです。お客様におかれましても少しお時間をあけてのお届けとなりますが、待って届いたものこそ、長く生活で親しんでいただけると考えております。ぜひ、この趣旨にご了承をいただける場合にご予約をしていただきたいと考えております。

2.新しい作り手さんが追加されたり、商品が入れ替わる楽しみ
#tohokuru に掲載の作り手さんは、回を重ねるごとに増えていくように考えております。また再掲載の場合でも、季節行事に応じて商品を入れ替えていくことも企画中です。例えば、お米が美味しい季節にはご飯茶碗をメインにお願いする。そこにお米の農家さんも加わっていただく。など、テーマ特集ページを立ててワクワクするお買いもの体験を提案します。

3.食べものはご予約の期間が終了してから作り手さんに依頼するので、出来立てをお届け
食品のメーカーさんには「予約終了」の後に製造の依頼をするため、新鮮なものをお客様にお届けすることができます。また、仮に食品の在庫を持ってネットショップを運営すると、どうしても「賞味期限切れの廃棄商品」が出るジレンマがございます。お客さまからオーダーいただいた分だけを製造していただくことによって、環境負荷を減らします。

4.一点ものや人気の商品は「抽選販売」にてご予約を受け付け
「抽選」で予約ご応募いただける商品も制作いたします。郷土玩具や器のように、一点一点が大きく表情が違うものは、事前に撮影して掲載します。#tohokuru 予約開始の1週間ほど前からページを公開し、「眺める」期間を設けてから抽選販売を承る予定です。そのほか、第一回で好評で欠品を起こしてしまった竹細工なども抽選販売で予約を承る予定です。

5.#tohokuru で沢山の東北の作り手さんのことを知っていただき、東北に「来る」きっかけに
予約期間の終了後でも商品ページはご覧いただけます。#tohokuru には沢山の作り手さんがご紹介されていますので、ぜひ、気になったメーカーさんのことを調べてみていただきたいです。商品ページの中に、作り手さんの公式ホームページへのリンクも掲載しております。このサイトが「ものづくりから知る、東北のガイド」となり、実際に東北に観光にいただけるきっかけとなれば、これ以上に嬉しいことはありません。

− 

まだまだ構想段階ではございますが、この5つの価値提案のできるサイトを目指してリニューアルして参ります!

もちろん「予約ではなく注文からすぐに届けてほしい」というニーズもあることと考え、「東北スタンダードマーケット 仙台パルコ2店」の商品も引き続きお買い求めいただけるよう、新しくもう一つ通販サイトを立ち上げました。




こちらは郷土玩具や器など、入荷したての一点ものを中心にご掲載していきますので、ぜひチェックしてみてくださいね。ご注文完了から5日間以内にご発送いたします◎

今後とも #tohokuru をどうぞよろしくお願いいたします。