• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

2020/04/27 16:10



「暮らしに取り入れてみたいけど、使い方が難しそう」
「どんな鉄瓶がおすすめか知りたい」
「錆させてしまった時の対処法が知りたい」

一生もの・憧れのアイテムである鉄瓶ですが、それがゆえになかなか手が出しづらいと考えがち。東北スタンダードマーケットでは「南部鉄器」「山形鋳物」を中心に、6社以上の鉄瓶を取り扱っています。オンラインショップに全て掲載している訳ではありませんが、実店舗でお客様から尋ねられやすい項目を中心に使い方をまとめました。



鉄瓶の選び方・おすすめの鉄瓶

●鉄瓶は「使用環境」「サイズ」「フォルム」の3つで選ぶべし

◯使用環境
最初に考えていただきたいのは使用環境です。ガスなのか、IHなのか。常にキッチンに出しておくのか、しまうこともあるのかが主なポイントになります。最近ではIH対応の鉄瓶も増えていて、つくり手の中には「IHの方が鉄瓶が痛まないので長持ちする」と仰る方もいるほどです。

収納性は、鉄瓶のツル(取っ手)が畳めるタイプか、畳めないタイプかによって変わってきます。当店の商品ページには「IH対応」と「取っ手」についての記載をしていますので、ぜひご参考にしてみてください。

ちなみに、よく「鉄瓶にお茶パックなどを入れて煮出すことはできますか」と質問されますが、鉄瓶でお茶を煮出すことはお勧めできません。お茶を入れる場合には、別途急須をご用意ください。鉄器の急須は内側にホーロー加工がされているものがほとんどで、お茶の成分が直接つかなくなっています。

鉄瓶はお湯を沸かす道具なので、内側は鉄の「素肌」の状態です。ざらざらとした鉄肌が、水道水の中の余分な雑味を取り除いてくれます。

◯サイズ
ひとり暮らしなのか、家族で使うのかなどによってサイズ感が変わってきます。大は小を兼ねると言いたいところですが、鉄瓶は大きいものだと結構な重さになりますし、沸かしたお湯を入れっぱなしにすると錆の原因になります。

当店としては、なるべくジャストサイズでお選びいただくことをお勧めしておりますが、実は裏技もあるんです。それは「保温ボトル」を併用すること。多めに沸かして余ったお湯は、ステンレスボトルなどに入れると一日中使うことができますよ。

◯フォルム
鉄瓶の形は様々です。長く使うものですから、「この形が好き!」という直観で選ぶのが一番良いことではありますが、フォルムが機能性に影響するポイントもあります。それは「平べったさ」です。

平べったい方がお湯は早く沸き、手首を捻らなくてもお湯を出し切りやすくなります。鉄瓶を使い終えるときは必ずお湯を出し切る必要があるので、平べったい方が機能面では良いと言えるでしょう。ただ、丸っこいフォルムの鉄瓶は置いていて愛らしいですよね… フォルムも最終的にはお好みで選ぶことをおすすめします。


鉄瓶の使い方

●お湯を捨て切ることだけを気をつけるべし

◯鉄瓶の使い方は難しくない
実際に生活に取り入れると、案外かんたんに使えるのが鉄瓶です。下に使い方の順番をまとめました。

1.水を入れる(吹きこぼれない程度にすること)
2.火にかける
3.ぐつぐつ沸いたら、そのまま1~2分待つ(水道水の成分を除去)
4.注ぐ。この時、使い切れないお湯は保温ボトルに移すか、完全に捨ててください
5.フタをあけたまま余熱で乾かす(洗わないでください)

たったこれだけです。一番のポイントは「4.注ぐ」の時にお湯を放置しないで出し切ること。それだけ守れば、錆びてしまうことはグッと少なくなります。


鉄瓶の錆について

●錆びていることが良い場合も

鉄瓶を沸かすたびに、水道水の中の余計な水分を吸収して「湯垢」が付着していきます。この湯垢が、お住まいの地域によって「白っぽい」「赤錆っぽい」ということがあり、錆びたから使えないのでは?と誤解される方が多くいらっしゃいます。

お住まいの地域の水道水が軟水か、硬水かなどによって湯垢の色は変わりますが、最終的にはお湯を出した時に変な色になっていなければ、正常です!むしろ「こんなに錆びながらお水を美味しくしてくれている」鉄瓶を、末長く愛してほしいんです。

それでも、もしお湯が変色するほど錆びてしまった場合には、下の方法でメンテナンスすることができます。

1.鉄瓶にお水と、煎茶の茶がらをパックなどに入れたものを一緒に入れて20分以上沸かす
2.沸騰して減った分の水を継ぎ足し、そのまま半日放置してから水を捨てる

このようにすると、真っ黒の水が錆と一緒に出てきます。それでも変色が直らない場合は、この工程を数回繰り返してみてください。
ちなみに、鉄瓶は夏場はシンク下などにしまいがちですが、その期間中に錆びてしまう場合が多いです。年間を通して見える場所に置いておくことをおすすめします。



以上、東北スタンダードマーケットがおすすめする鉄瓶との暮らし方でした。ぜひ、鉄瓶ライフを満喫してくださいね。